クラブ紹介

仁淀川 北山川

「松山カヌークラブ」と「流の会(みずのかい)」の両カヌークラブが一緒に活動しています(ほぼ融合状態)。

■ 松山カヌークラブ(MCC)
1990年に設立された、パドルスポーツを中心とするアウトドア・アクティビティを楽しむクラブです。
カヌー、カヤックの楽しさをそれを趣味とする者の間で共有しつつ、仲間を増やしていきたいと考えています。
会員は愛媛県在住者に限らず、愛媛県外にも及びます。
年齢層も幅広く、多種多様なメンバーがカヌー、カヤックを通じて楽しく活動しています。
会員は、カヌー、カヤックに限らず、キャンプや登山、自転車、スキー、トレイルランニングなど幅広いアウトドア・アクティビティを楽しんでいますので、様々な情報交換ができます。
MCCにはリバーカヤックを楽しむ「川組」と、シーカヤックを楽しむ「海組」があります。
経験豊富なカヤッカーがたくさんいますので、初心者からベテランまで安心してカヤックを楽しむことができます。
1999年には、MCCメンバーの故河野兵市さん(冒険家)と米田さんの二人が沖縄から松山までの1,300kmをシーカヤックで漕破しました。

■ 流の会(みずのかい)
流の会は、「国立大洲青年の家(現、青少年交流の家)」に縁(ゆかり)があります。「大洲青年の家」のカヌー行事に参加して、顔見知りとなった者たちで作られた会です。「流の会」という名は、 大洲青年の家イメージソング 『風のように 流(みず)のように』 からとったもので、「みずのかい」と読みます。
当初、ほとんどのメンバーが艇を所有しておらず、どこかで艇を借りてダウンリバーを楽しんでいました。どちらかといえば、のんびりした川をひたすら漕ぎ下るという感じでした。
ダウンリバー中にバーベキューをしようと、艇に網、炭、食料を積み込んだはいいものの、一部の艇が撃沈してしまうという笑えるツーリングの思い出もあります。
現在では活動的なメンバーも加わって四国各地の川を巡り、時には激しいところも漕ぐようになりました。
カヌーだけではなく、軽登山やスキー、キャンプなども楽しんでいますので、カヌーを中心としたアウトドアクラブともいえます。
メンバーは愛媛県在住者が中心ですが、愛媛県外の方もいます。漕ぎに行くのが、ほとんど高知県や徳島県なので、あまり居住地に関係ありません。
穏やかなところから激流まで、各メンバーの力量や都合に応じて、好き好きに参加しています。

= 入会案内 =
カヌーは世間ではマイナーな遊びです。
職場などで話してみても、この楽しさを理解してくれる人はほとんどいません。共感できる仲間を持つことは大切です。
カヌーは一人でも楽しめますが、仲間がいると楽しさは2倍、3倍になります。
クラブ行事にゲスト参加してみて、肌に合うようでしたら入会してください。
「足手まといになっては申し訳ない」「どんな人たちがいるのだろう」などと考え、敷居が高いと感じる方もいると思いますが、そんな心配は無用です。
普段はいろんな分野で仕事や勉強をしている人たちが、休みの日に気晴らしに水遊びしているようなもので、漕ぎ方やロールを教えたり、沈脱した人を救助したりすることも遊びのうちです。

<注意点>
※ 入会対象者を、カヌーを趣味とする者としているため、カヌーを所有しているか、又は、カヌーを所有する予定としていることが入会条件となります。

※ 当クラブは便宜的に入会者の中からクラブ運営上の役員をお願いしていますが、個々のクラブメンバーが対等の立場にあります。したがって、当クラブが個々の入会者の安全を保障するものではありませんので、個々人の自己責任で活動していただきます。当クラブは自主自律の精神で他のメンバーに過度な負担を掛けないよう、みんなが楽しく活動していくことを目指しています。

※ カヌーツーリングに関わる知識や技量がまったく無い方は、カヌー関係事業者が開催するカヌースクール等で基礎的な知識や技術を習得していただくようにお願いします。

当該注意点をご理解の上でクラブ入会をご希望の方は、当HP管理人へご連絡ください。
> 「お問い合わせ」ページ

アウトドアショップ「アウトドアーズ・コンパス」でもご相談いただけます。

【松山カヌークラブ事務局】
アウトドアーズ・コンパス内
住所:愛媛県松山市山越5丁目5-11
電話:089-908-6516
https://www.kompas.co.jp/

コメントは停止中です。